V-oyage.net
2018年03月19日

『ちはやふる〜結び』を鑑賞しました。

2017年の暮れ。
2016年公開の『上の句』、『下の句』を、立て続けにネットの動画で観て以来、『ちはふる』のファンになってしまった。

引き続き、これまたネット動画でアニメ編を鑑賞。年が明けてからはネットカフェで原作を読み耽り、挙げ句の果てにはPerfumが歌う映画の主題歌『Flash』をダウンロードして毎日のように聞きながら、YouTubeに上がっている実際の『名人位クイーン位戦』まで見るほどになっていた。

この頃、精神的に低迷しかつ体力的にも疲弊していて、心身ともにフラフラしていた自分は、この作品の、中でも主要な登場人物の一人“真島太一”にまつわる物語に、何度も背中を押してもらってどうにかこうにか生活していた。

ネタバレしない程度に“真島太一”のキャラクターについて語ると、彼は、小学生の頃から頭が良く、学校の成績は常に学年でトップ。運動の方も活発で、中学校時代にはサッカー部に所属していた。お医者さんの息子で実家はお金持ち。もちろん少女漫画の主要キャラだからびっくりするぐらいハンサムでもある。小学生の時に所属していたかるた会では“マツゲくん”と渾名をつけられるぐらい睫毛の長いという設定だ。そういう彼が、小学校時代からの幼馴染みで本編の主人公である広瀬すず演じる“かるたバカ・綾瀬千早”と高校で再開。いっしょにかるた部を創部する…というのが、物語の初めである。(語り目線が太一寄りなのは多めに見てください)

で、私が“真島太一”というキャラのどんなところに元気づけられたかというと、太一はねぇ、とにかく真面目なんだよ。で、ひたすら一途なんだ。
学校内では女子にモテモテなんだけど、「男が選ばれてどうすんだって思うんだ。俺は、選んで頑張るんだ。」と、小学校の頃から思い続ける想い人以外には目もくれない。そしてその子とずっと一緒に時間を過ごすために、とてつもなく努力をする。し続ける。本編中の名ゼリフにもなっている「青春の全部をかけて」。で、何度も挫折する。そして、その度に、周りの人間に支えられ、復活する。「泣くな。俺はまだ、泣いていいほどか懸けてない。悔しいだけでいい」と自分に声をかけながら、「才能なんてオレだってねえよ。逃げたいけどやってんだよ。そうすればいつか超えられる気がするから。」と、何度もあきらめずに努力をし続ける。
そんな“太一”の姿に、私は「とにかく今日一日はがんばろう」と力をもらっていた。



映画で“真島太一”を演じる野村修平は、そのルックスや、笑顔の爽やかさなどが、ちっとも原作やアニメの“マツゲくん”っぽくないのだけど、一生懸命演じているのはひしひし伝わってくる。真面目なキャラクターを真面目な俳優が真面目に演じていることに、「なんか違う…」と違和感を覚えながらも、ついつい感情移入をして見てしまう。で、なんだかんだで気になる若手俳優になってしまった。

それほど『ちはやふる』に入れ込んでからの、映画版最終章『結び』である。



前編『上の句』『下の句』の時点で物語が原作から乖離していたため、今回の映画は、重要なキャラクターとエッセンスだけ引用したオリジナルの作品と言った方が良い仕上がりになっていた。
原作も好きな私としては、松岡茉優が演じるかるたクイーン“若宮詩暢”や、賀来賢人が演じる名人“周防久志”やらのキャラクターをもっと掘り下げて欲しいと思ったし、太一の幼なじみでライバルでもある新田真剣佑演じる“綿谷新”の団体戦へのこだわりももう少し緻密に描いてもらいたかったし、ストーリーも「え?そんなところで終わるの?」と、あれやこれやに物足りなさを感じてしまった。
が、観賞後には、原作とは違う単体の映画として、これはこれで良かったか…と、思えるぐらい、清々しい気分で見終わることができた。

映画終了後、劇場の通路で同じ回の上映を鑑賞していたカップルの感想が耳に入ってきた。
男性「いい映画だったね。」
女性「そうだね。」
男性「『上の句』のときの勢いが戻った感じだったね。」
女性「太一が主役だったのが良かった」
男性「ええ?そうじゃないでしょ。千早が主役でしょ…」

そっから先の会話は聞こえなかったけれど、そのカップルに「リア充め!」と妬む気持ち半分、「私も会話にまぜてくれ」と、ちょっと気持ち悪いことを思ったりもした。

私の正直な感想を一言。同じキャスト・スタッフで、もう一本だけ、本当に本当の最終章を作って欲しい。うーん…それはそれで蛇足かな。

人気ブログランキング
2011年08月11日

ネットショップはじめました。

ご無沙汰してます。
ここんとこ、ずっとこっちのサイトのメンテナンスをぶっちしててごめんなさい。

この間のメンバー飲み会で、参加した人には話したのですが、実はこことは別に新しくサイトを作っています。
いわゆるネットショップというヤツです。
そこで店長やってます。パンダ店長ってやってます。
何を扱っているかというと、おもちゃです。
大人のおもちゃとちゃいますよ。
正真正銘の子ども向けのおもちゃです。
知育玩具っちゅーやつやったりします。
けっこう真剣に取り組んでます。
だから、サイトで本名を晒し、電話番号も晒してます。
そんなん怖がってたら、商売できまへん。
仕事のないおっさんは、そんなことしてでも働かなあきまへん。
けど、おもちゃって、素人が始めるには利益率悪すぎる
…っていうのをやり始めてから知りました。
送料どんだけかかるねん!

なんか、やっと個人事業主ブログらしいこと書けるかな。
その前に、もっとこっちのブログ使わないとやけど。

トップページにも貼らさせてもらいましたが、
リンク用のバナー作ったので、ここにも貼らせてもらいます。
気が向いたら、見に来てください。
いいのあったら、買ってってください。
ほなね♪

人気ブログランキング
2011年06月06日

僕の“個人事業”スタイル

今年5月20日をもって、勤めていた会社を辞めました。

といっても、それは、それなりに作戦があってのこと。

会社は、少しでも人件費を削減したい。僕は、もっと拘束時間を減らして欲しい。
そういうお互いの利害関係を一致させるために、一計を案じたものだったのです。

僕は、会社を辞めるには辞めました。
が、その辞めた会社で、机を借り、部屋を間借りするようなカタチで、独立したのです。
つまり、辞めた会社と外注の個人事業主として、契約した…という格好です。

毎日、以前と同じ会社に出勤しながら、以前と同じ仕事もするのですが、
会社のタイムカードを押すこともなく、就業規則に束縛されることもなしに、
以前は拘束されていた時間を自由に過ごすことができるようになりました。

こういう説明をすると、他人からはよく『契約社員になったのね』とよく言われますが、
契約社員でもありません。社員じゃないから、他の仕事も並行してできるのです。

もちろん、そういうちょっと変わった外注先としての契約なので、
いただく報酬も、以前もらっていたサラリーマンとしての給与よりは、
かなり減額になっていますし、保険も年金も、報酬額から自分で支払わなければなりません。

それでも、自分のやりたいことができる自由は、サラリーマン時代には得られなかったものでした。

で、こうした新しい会社との付き合い方も、すべて僕自身が、会社に提案して
受け入れてもらったものだけに、今までに感じたことのなかった“ヤル気”を出すことができています。

今では、僕が勤めていた会社も、社長が代替わりし、新しい体制となって新しい取り組みにチャレンジしています。
今にも潰れそうで、社員みんなが愚痴を言っていた会社の雰囲気が少しはよくなってきた。
その成果なのか、これまでは苦しんできた自主プレゼンも、滑り出しが好調です。

僕も、新しい取り組みとしてネットビジネスにチャレンジするために、いろいろと勉強を始めているところです。

正直、まだまだ予断は許されませんが、いい気分で仕事ができています。

この調子をできるだけ維持して、個人事業主となった僕も、お世話になった(今もお世話になっている)会社も、いっしょに幸せになれたらなぁ…と思っています。

人気ブログランキング
2011年04月08日

早めに見ておこう!

私も、つい先ほど知ったところなのですが、我々ヴォヤージ・メンバーより、1つ年下の斉藤和義が、数日前に自分の曲をこんな風に替え歌にして動画サイトにアップしていたらしいです。

あまりに問題定義がデカすぎて、すぐに削除になったらしいですが、すぐさま誰かが違うサイトで再アップする…というイタチごっこが始まっているようです。

私自身は「原発を使うのは仕方ないんじゃないのか…」というスタンスなのですが、斉藤和義が行動したことについては、素直にリスペクトできるので、見つけた動画を掲載します。
たぶん、すぐ削除されるんじゃないかと思うので、興味のある方は、お早めにご覧ください。


Watch ずっとウソだった in Entertainment Videos  |  View More Free Videos Online at Veoh.com


斉藤和義「ずっとウソだった」の歌詞
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作詞作曲:斉藤和義
「ずっとウソだった」

この国を歩けば原発が54基
教科書もCMも言ってたよ安全です

俺たちを騙して言い訳は「想定外」
懐かしいあの空くすぐったい黒い雨

ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな
ほんとウソだったんだぜ 原子力は安全です
ずっと嘘だったんだぜ ほうれん草食いてぇなあ
ほんと嘘だったんだぜ 気づいてたろうこの事態
風に舞う放射能はもう止められない
何人が被曝すれば気がついてくれるのこの国の政府

この街を離れてうまい水見つけたかい?
教えてよやっぱいいやもうどこも逃げ場はない

ずっとクソだったんだぜ 東電も北電も中電も九電ももう夢ばかり見てないけど
ずっとクソだったんだぜ それでも続ける気だ
ほんとクソだったんだぜ 何かがしたいこの気持ち

ずっと嘘だったんだぜ ほんとクソだったんだ

人気ブログランキング
2010年12月17日

Respect for a sweet potato

私が勤めている会社のクソ社長(我々の仲間の「しゃ、ちょう」のことではない)が、この数年、社員たちにボーナスもろくに払っておらず、昇給もしていないことに対して、せめてもの償いとばかりに、毎晩のように何がしかの食事を差し入れてくれる。その気持ちはありがたいのだが、それが、良くてテイクアウトのカレーライスやお好み焼き、悪ければ割引キャンペーン中の牛丼であったり、さらにひどいときには賞味期限切れ間近で定価より20円引きになったオニギリやらサンドウィッチといったメニューなのであって、だから女子率の高い社員の間では、甚だ評判が悪い。
だが、クソ社長(我々の仲間の「しゃ、ちょう」のことではない)はバカだから、そんな社内の空気をみじんも察することもなく、今夜も、自らとぼとぼ歩いて、CoCo壱や、お好み焼き屋やら、松屋やら、コンビニに買い物に出かけるのだ。

そのクソ社長(何度も言うが「しゃ、ちょう」のことではない)が買ってくる差し入れの中に、最近、『焼き芋』という斬新かつシュールなメニューが加わった。

「うちの会社は、女の子が多いから、これはきっと喜んでくれるだろう」とでも思ったのだろうか。何しろ、巨人・大鵬・芋・蛸・南京の時代の人だ。そう思ったとしても当然である。そんなお気楽なクソ社長は(きっぱり断言しておくが「しゃ、ちょう」とは別人である)、事務所に戻ってきて、ほがらかな笑みを浮かべて、みんなに呼びかけるのである。

「みんな。お芋さん、買うてきたから、食べてよ」

その言葉を聞いて、ふと思った。

人は、なぜ、芋のことを、「さん」付けにするのかと。

確かに、食事は、人間が生きていく上で非常に重要な、無くてはならないものである。
しかし、芋以外に、「さん」付けで呼ばれる食材は、ほとんどないのではないか。
しかも「さん」付けだけならまだしも、丁寧な言葉遣いであることを表す「お」という接頭語まで付いているのである。
日本人が、それほど敬意を評する食材が、他にあるだろうか?
日本人の間では、食事のことは「ごはん」と総称するのが一般的ではあるが、それには「ご」という接頭語が付いてはいるが、「ごはんさん」と「さん」付けまではしない。
また、日本で「ごはん」とは、「米」を指示している場合が多いが、その日本人の主食たる「米」でさえ、「お米さん」と最大の尊敬の念を込めて呼ばれる機会は、ごくごく稀なのである。
ましてや「おパンさん」、「おパスタさん」「おミルフィーユさん」などという言葉は、後にも先にも一度たりとも聞いたことがないのだ。

また、芋を「お芋さん」と最上級の敬語で呼ぶのは日本人特有の、美しい文化である。なぜなら、英語で「ミスター・ポテト」とか、「ミス・ポテト」とか、「サー・ポテト」とか、「プロフェッサー・ポテト」とか、そんな言葉は聞いたことがないからである。英語以外の外国の言葉のことは、さっぱり知らないので、実際にはよくわからないが、きっと英語と似たようなもんだろう。

さらに突き詰めれば、「お芋さん」と呼ばれるのは、ジャガイモではなく、サツマイモに限定されている…という点も注目せねばならない。
つまり、我々、現代人は忘れがちになってしまっているが、サツマイモは日本人にとっての、キングフードなのであり、ソウルフードだということなのである。
その理由は、おそらく、糖分多めで栄養価が高そうなあの独特の甘味、土の中でしっかり育ってくれるボリューム感、そして少々荒れた土壌でも栽培しやすいのであろう逞しさ…。
それらの理由でサツマイモは、起源は江戸時代だか明治時代だか知らないし、ウィキペディアでさえ調べようとも思わないが、世の中ぜんたいが食の貧しい時代には、非常にありがたい、尊敬しても仕切れないほどの、有用な食材だったのであろう。
だから、サツマイモは、「お芋さん」と「お」も「さん」も付けて呼ばれるくらい偉い食べ物になったのだ。
以上のことは、すべて私がたった今思いついただけの推察にすぎないが、たぶん、おそらく、きっとそうに違いない、と断言する。

だが、我々の世代にとっては、糖分たっぷりで、栄養価が高くて、病気したときなどはお見舞いにも使われた食材といえば、バナナだったのではないか。
しかし、我々世代の人間は、バナナのことを「バナナさん」や「おバナナ」とは言わないし、ましてや「おバナナさん」などと、バカ丁寧には絶対に言ったりはしない。

それはつまり、食材が豊富に手に入る飽食の時代となって、我々日本人は、食に対して畏敬の念を払う心を失ってしまったのではないだろうか。
我々が少年だった30年ほど前には、「心の豊かさを求める時代」などという言葉がもてはやされたが、実際には、あれほど有り難がっていたバナナに「お」も「さん」も付けない、非常に心の貧しい人間に成り下がっていたのである。
なんという嘆かわしいことか。

今は、エコの時代。食文化を始め、さまざまな場面で現在の生活が見直され、モノを大切にしようと世の中ぜんたいが傾いている時代である。そんな今だからこそ、もう一度、食材に対する畏敬の念を込めて、呼び方まで改めるべき時が来たとは言えないだろうか。

そこで私は、こう呼びかける。
「みなさん、バナナのことは、『おバナナさん』と呼んであげてください」と。
ここまで、私の文章を読んで共感してくださったなら、実際にそうしていただきたい。
『おバナナさん』と呼んであげて。
オレは、絶対に呼ばないけど。恥ずかしいから。

で、私は結局、何が言いたいのかというと、とくにないのである。
ただ、クソ社長が(だから「しゃ、ちょう」とは違うってば)、「お芋さん」と言ってるのがおかしかったので、そこから思いついたことをダラダラ長々と勢いだけで打ち込んだだけなのだ。
あえて、言いたいことがあるとすれば、何度も言っているように、「私の会社のクソ社長と我々の仲間のしゃ、ちょうは全く関係ない別人である」ということぐらいだ。
だから、もし、ここまで真剣に読んでくださった人がいたとしたら、ズボンとパンツを脱いで土下座します。ゴメンナサイ。

人気ブログランキング
参加メンバー
&カテゴリー
PROFILE
SEARCH THIS SITE.

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
・『ちはやふる〜結び』を鑑賞しました。
・ネットショップはじめました。
・僕の“個人事業”スタイル
 └ よいの 06/06
 └ しゃ、ちょう 06/06
・早めに見ておこう!
 └ よいの 04/11
・Respect for a sweet potato
 └ 俳優・吉塚弘 12/18
 └ kakka 12/18
 └ しゃ、ちょう 12/21
・あくび
 └ よいの 09/14
・長らくご迷惑をおかけしています(汗)
 └ よいの 07/13
 └ しゃ、ちょう 07/13
 └ Z-hiro 07/13
 └ しゃ、ちょう 07/14
 └ hiro 07/14
 └ よいの 07/16
・女子カーリングが熱い!
 └ よいの 02/22
 └ hiro 02/22
・ついったーにはいったー
・地味ぃ〜に注目されてます!
・幕開け!
 └ よいの 01/04
 └ ARIO 01/04
・し〜びれちゃったよ〜♪
 └ よいの 10/05
 └ ARIO 11/04
 └ よいの 11/05
 └ よいの 11/23
・飲み会でした。
 └ よいの 09/14
・映画『色即ぜねれいしょん』
・スポーツ選手のキャッチコピー
 └ よいの 08/18
・新しい趣味
 └ ハルヲ 07/28
・V-oyage飲み会(あるいは、ある中年男の驚愕の人生)
・『トランスフォーマー/リベンジ』
・“ピザ男の異常な愛情”
・ターミネーター4
 └ しゃ、ちょう 06/17
・ハゲタカ
・オレの考えた短歌
 └ よいの 06/04
 └ ARIO 06/04
・GOEMON
 └ よいの 06/01
 └ しゃ、ちょう 06/01
・どうでもいいよ
 └ よいの 05/25
 └ ARIO 05/25
 └ よいの 05/30
・『グラントリノ』と『おっぱいバレー』と『黒い自転車』
 └ しゃ、ちょう 05/07
 └ よいの 05/08
・おっちょこちょい
 └ よいの 04/27
・ビバ! 2周年!!!
・どーかしてる
 └ よいの 03/30
・太鼓まんじゅう食いたい。
 └ マツ 03/23
 └ ARIO 03/23
 └ 03/24
・タマテツ
 └ よいの 03/09
 └ 俳優・吉塚弘 03/10
・映画『少年メリケンサック』
 └ よいの 03/03
 └ 俳優・吉塚弘 03/03
 └ よいの 03/03
・映画『チェンジリング』
 └ よいの 02/24
・映画『感染列島』
 └ しゃ、ちょう 02/18
 └ よいの 02/21
・映画『その男 ヴァン・ダム』
 └ 地方競馬三沢 01/26
 └ hiro 01/26
 └ 地方競馬三沢 01/27
・歯が痛い。
 └ 01/13
 └ よいの 01/13
 └ 俳優・吉塚弘 01/15
 └ hiro 01/21
・ご無沙汰です。今年一年ありがとうございました。
 └ よいの 01/01
 └ ARIO 01/02
・『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
 └ よいの 12/09
・通勤電車の楽しみ
 └ よいの 11/08
 └ 土建屋にあらず・・・ 11/15
・新しい職場
・親孝行プレイ
 └ ARIO 10/20
・ご心配をおかけしました m(_ _)m
 └ よいの 10/14
 └ kakka 10/14
 └ Z-hiro 10/14
 └ 俳優・吉塚弘 10/14
・はぁ〜
 └ よいの 09/10
 └ 大阪の土建業じゃないけど土建屋さん 09/21
 └ 10/03
・人生の曲がり角
 └ よいの 09/02
・五右衛門ロック
・さば折りされてぇ!
・カラー出力禁止
・時間の感じ方に関する考察
・『クワイエットルームにようこそ』
 └ ARIO 07/16
・いよいよ始まった
 └ ARIO 07/08
・このままじゃいかん!
・調子いいの?
・来たーーーーーーっ!(山本高広の織田裕二風)
 └ しゃ、ちょう 06/07
・DT時代 〜あるいは或る高校生の恋〜
・オヤジたちの“恋”の話
・またまた迷走…
・う〜ん… いいタイトルが思い付かん。
 └ よいの 05/02
・春ひらら
・春が来た?
・1周年
・映画『バンテージ・ポイント』
・本読みの時間〜ト・ド・ク〜
 └ 俳優・吉塚弘 03/25
・映画『ガチ・ボーイ』
 └ よいの 03/17
・咳が止まらない。
 └ よいの 03/10
 └ ARIO 03/11
・悪夢
 └ よいの 03/01
 └ ARIO 03/03
・映画『アメリカン・ギャングスター』
 └ よいの 02/26
 └ ARIO 02/27
・映画『チーム・バチスタの栄光』
 └ マツ 02/23
・仕事が忙しくて…
 └ 俳優・吉塚弘 02/13
・『しゃべれども しゃべれども』
 └ よいの 02/03
・この動画に癒されました。
・『スウィーニー・トッド』
・ミッシング・リンク
 └ ARIO 01/20
 └ hiro 01/20
・居座り型の寒波
 └ よいの 01/18
 └ しゃ、ちょう 01/18
・「お前の頭の中が見てみたい!」
 └ よいの 01/17
・困ったこと。
・物忘れ
 └ よいの 01/11
 └ 俳優・吉塚弘 01/11
・『アイ・アム・レジェンド』
・『トランスフォーマー』と『中年独身男の寂しさよ』
・年頭に思うこと。
 └ よいの 01/04
 └ ARIO 01/04
 └ hiro 01/05
・エイリアンズVSプレデター
・一年の疲れ
 └ 俳優・吉塚弘 12/31
 └ よいの 12/31
・スキヤキ食いたい。
 └ よいの 12/29
 └ 俳優・吉塚弘 12/29
 └ ARIO 12/30
 └ よいの 12/30
・もう年の瀬…なんですよね?
・M-1グランプリ
 └ ARIO 12/27
 └ よいの 12/27
・『サブカルジェッター』と『怪ラヂオ』
・ロウテンション
・人の顔になる漢字
・映画『ベオウルフ/呪われし勇者』を見て
・おかげさまで。
・逆『空耳アワー』現象
 └ よいの 12/14
・『椿三十郎』を見た。
 └ たにぴ@もまゆきゅ 12/12
 └ hiro 12/12
・意外なコンテンツにアクセスがあった。
 └ よいの 12/09
・モノサシは「メシが炊ける」かどうか。
 └ よいの 12/07
・『ねぇねぇラジオ LIVE!』を終えて。
 └ ARIO 12/04
 └ よいの 12/04
 └ 俳優・吉塚弘 12/04
 └ ARIO 12/04
 └ hiro 12/05
 └ よいの 12/07
・いよいよ『ねぇねぇラジオ LIVE!』開催
・『media CLUBKING』
・冒頭の話はどこに行ったのか?
・いまだに自分のことがわからん。
 └ よいの 11/28
 └ たにぴ@もまゆきゅ 11/28
 └ hiro 11/29
 └ ゆーこ 12/12
 └ hiro 12/12
・500円のDVDって、なかなかいいもんだ。
 └ よいの 11/27
・あの頃の僕らは…
 └ よいの 11/27
・『昭和ブーム』と言われても
 └ よいの 11/27
・気になって仕方がなかった。
 └ よいの 11/27
・知らないうちにこうなっていた。
・頭がとっちらかってきた。
・自分のやってきたことは正しかったのか。
・忙しいのが、楽しい日々。
・クリエイターのマスターベーションについて。
・オラに、アイデアをわけてくれ!
・インターネットよ、もっと面白いことを言え。
 └ よいの 11/13
・イベントまで、あと20日
 └ 俳優・吉塚弘 11/11
 └ hiro 11/12
・コンセプト
 └ よいの 11/11
 └ hiro 11/11
 └ よいの 11/13
・べっぴんさんたちと、いっしょ。
・時間よ止まれ。
・『椿三十郎』『の・ようなもの』『ピンクカット太く愛して長く愛して』
・「芸術は、爆発だ!」って、こういうことだと思う。
・バイオハザードと、ジョージ・A・ロメロ
・“余生”を、いかに過ごすのか。
・バタやんに似たおばさんに、また会いたい。
・リターン・オブ・10円玉 ジュウエンダマ…ジュエンダマ…ジェンダ…ジェダイ
 └ 1ダース・ヴェイダー 11/01
・『ヒッチャー』と『ヒッチハイク』と。
 └ よいの 10/31
・そこのけ、そこのけ、脱せんゲーム
 └ しゃ、ちょう 10/30
 └ よいの 10/30
・人間五十年
 └ よいの 10/29
 └ しゃ、ちょう 10/30
・好きなブログが終わるのは、寂しい。
・何をして待つかが問題であった。
・ディレクションという仕事
・今、僕は、異常気象に困っている。
・単なる日記
 └ 俳優・吉塚弘 10/24
・『エディット・ピアフ 愛の讃歌』
・気分転換のキモは、好奇心か。
・デモシカ星人になってないか?
・忙しくなりそうだ。(…という前フリ)
・『足の臭いは、加齢臭ではない』という主張
・男なら、待つと決めたら、大地が腐っても待つ。
・カーティスクリークバンドのCDがほしい。
 └ たにぴ@もまゆきゅ 10/27
 └ hiro 10/28
 └ たにぴ@もまゆきゅ 11/20
 └ hiro 11/24
 └ みきお 01/04
 └ abigail9801 01/17
 └ goiss 02/18
・僕の、デジタル漫才は、おもしろいのか?
・4本ロープのリングでプロレス
・タモリ
 └ よいの 10/12
・夜型人間から、朝型人間へ
 └ ARIO 10/11
・アラン・ドロン
・なんにもしないのは、気持ちが焦る。
・もっと『企画』を!
・単なる日記
・全体を見晴らすこと。
・ギャラはまだ決まっていない。
・ぜひ参考にしたいグローカルサイト『ナダタマ』
 └ 俳優・吉塚弘 10/06
・ズルくなることが、大人になるということなのか?
・リニューアルしました。
・リニューアル、する?
・『マグマ大使』についての下衆な勘ぐり
・どうやら、三木聡っていう演出家が、すごいらしい。
 └ kaiyukan 09/28
 └ hiro 09/28
・懐かしい『スネークマンショー』を聞いてみる。
 └ ARIO 09/28
・シュールな笑い
・キャサリンは美しい。
・HPのデザインって、難しい。
・いとうせいこうって、何者なんだ?
 └ ARIO 09/25
・ウルトラマンのベータカプセルの謎
・海外での体験
・どうでもいい日記
・このネタは“ギリギリセーフ”と踏んだがどうか?
 └ よいの 09/20
・これで、いいのか?
・ピーウィー・ハーマン!
・漫才はじめました。
 └ 俳優・吉塚弘 09/19
・『仮面ライダー THE FIRST』
・“ちょいワル”セブンと、円谷プロ
・名刺に「しゃべります!」と書いてる女性の飲み会。
 └ kaiyukan 09/13
・スケルトンは「透けるとん」っていうのが語源ではないか。
・「ナンセンス」って言葉は、死語になったか。
・新しいマンガの連載が始まりました。
・幻のコーラを求めて(7)〜最終回〜
 └ マツ 09/09
 └ hiro 09/09
・幻のコーラを求めて(6)
・幻のコーラを求めて(5)
・幻のコーラを求めて(4)
 └ よいの 09/01
・幻のコーラを求めて(3)
・幻のコーラを求めて(2)
 └ 俳優・吉塚弘 08/28
・幻のコーラを求めて(1)
・めぇに、メロメロ
・すごく面白い、ビデオポッドキャスト
・“お悩みブーム、到来!!”
・今、「暑い」が、熱い!
・真田広之、カッコいい。
・ネーミングを、考えてみよう。
 └ よいの 08/23
 └ 俳優・吉塚弘 08/24
・ふつうの日記
・何度も同じことを繰り返す映画って、どうなんだ?
・ロビンソン
 └ 地方競馬三沢 08/18
 └ よいの 08/18
・答えは、豚のトンちゃん(嘘)
・“暗黒物質”って何やねん。
・千葉真一VS倉田保昭
・お尻、お尻って、彼女に言わせるな。
 └ よいの 08/15
 └ hiro 08/15
・懐かしの特撮ヒロイン
・甲子園には、魔物が棲んでいる。
・エヴァンゲリオンって食べ物ですか?
 └ よいの 08/12
・ついに、オッさんになる日がやってきた。
 └ よいの 08/12
・最もよい天気
・夏の夜が、大好きです。
・ブログを書くことは、排泄することに似ている。
 └ hiro 08/08
・休みが増えたら、チョイ悪おやじ。
・まだまだ修行が足りません。
・『脳内メーカー』とかを思い付くアイデアの素晴らしさ
 └ よいの 08/05
・怖いはずなのに、笑ってしまった。
・アイドル様々。
・真夏のオアシスを求めて 〜後編/不都合な真実〜
 └ よいの 08/03
 └ ARIO 08/04
・おもしろい動画を見つけた!『カンフー女子高生』
・真夏のオアシスを求めて 〜前編/昨日のおさらい〜
・真夏のオアシスを求めて 〜序章〜
 └ よいの 08/02
 └ hiro 08/02
・河童といえば、鳳啓助です。
・どんどん面白くなる風林火山
 └ よいの 08/01
 └ ARIO 08/01
・「なまか」って、どうよ?
・アツは、ナツいなぁ。
・web拍手に参加しました。
・『希望』の『希』の字は、どう書くの?
・キャンギャルも楽じゃない。
・梅雨が明けました。
・ゲルショッカーの新怪人
・インリン様の妊娠を確認?
・みうらじゅんみたいになりたい!
・ぐだぐだのポッドキャスト
・しょっぱかった日。
・ブロガーズ・ブルース
・ながら族はダメ。
・中身はなくても、欲求があればいいじゃないか。
・この名前、知ってますか?【トラックバックで答えてください】
 └ ARIO 07/17
 └ よいの 07/17
 └ 地方競馬三沢 07/17
 └ ありお君 07/17
 └ 地方競馬三沢 07/19
・ま、そんな話はさておき。
・すいません。すいません。すいません。
・目的は、お金だけじゃないんじゃない?
・モーレツからビューティフルへ。
・テンションが下がる面接
・私の知らなかった世界。
・縮みゆく男。脳が。
・七夕の夜に。
・梅雨だけど、安めぐみ。
・オレ的 上半期の重大ニュース
・前にいた会社から
・つい先ほどの記憶
・困った世の中だ。
・ボケタイプの人間になりたい!
・特撮ヒロインに萌え
・理由。
・すっごい気になる『レースガイド』
・当サイトのPodcastに新番組が増えました。
・ただの日記
・プロレスの話
・すんません
・V-oyageラジオの新しい方向性
・面白いPodcast見つけた!
・39歳、メジャーリーガー
・オラに元気を分けてくれ!
・ゴフッ!!
 └ よいの 06/20
 └ ARIO 06/20
 └ しゃ、ちょう 06/21
・ポッドキャストとか、インターネットのこと
・ダイ・ハード
・ティム・バートン
・Nana-U & Ran
・「ズルはいけない」と「ポスト山口もえ」
・面白いこと考えよう!
・自分がやりたいことってなんだ?
・一丁前を目指そう!
・古いマンガ好きの意見だプー
・マンガが好きチョー
・妖怪人間
 └ ARIO 06/11
・いろいろあったから、箇条書きで。
・単なる日記
・もっと、ダラダラと。
・心のマッサージ
・無職になって初めての月曜日
・どうでもいい話
・面接で、疲れた。
・イメージチェンジにチャレンジ
・自分の作品集はうまく作れるか?
・オヤジの未来にもいろんな可能性が広がっている。
・なんか忙しい。
・休日散歩
・家庭を持つのもいいのかもね。
・絵を選ぶのが楽しー!
・つっこんでやってください!
・新しい試み。
・期待と不安と
・七人のオヤジ
・タイムリミット
・お母さんの手を引く子供
・『スターバックス』のコーヒーを『サンマルク・カフェ』に持ち込む女
・まさに“絶不調”
・男女逆差別反対〜!
・面倒くさがり世界ランキング
・幽霊城のドボチョン一家
・自分の意見を書く難しさ
・会社の近所の公園で…
・あ〜、キスしてえっ!
・偽一万円札を両替
・コピーライターの仕事
・男に夢を与える女性
・惜しいんだけどねぇ…
・インターネットラジオに夢中。
・PODCASTができるようになりました。
・もっと外へ!
・最近の若者は…
・肉体的な実感
・インターネットラジオやったぞー!
・インターネットラジオをやりてーっ!
・幸せを感じるチカラ。
・テレビのチカラ
・どうでもいい話。
・オヤジ座談会終了!
・盛り上がってます
・あんまり
・怪優・吉塚弘
・着流し
・明日の秘密兵器
・もう一つ
・パンチが強い
・座談会の準備に
・オヤジ座談会前夜
・おすすめサイト
・『オヤジ座談会』開催決定!
・あるSEとの往復書簡
・長く続けるために
・いろいろあった日
・ちょと わらたwww
・“考え”て、“行動する”ということ。
・『ロッキー・ザ・ファイナル』を見てきました。
・腹芸
・入会資格(心理テスト)
・オレを通り過ぎていった女神たち
・ワクワク…
・夢の塊
・『イタクラ』の看板
・成功するまで、テキトーにがんばってみよう。
・テレビ欄を見ながらでも、ブログは書ける。
・真面目なのか、不真面目なのか
・内野聖陽
・こんなサザエさんはどう?
・あ、サンジャポで思い出した。
・いーっ!
・ビビビッ!
・じゃあ、オレは1号で。
・コンビ愛
・ハナクソ
・なぜかわからんけど…
・セ・リーグのプレーオフは面白いのか?
・神様、仏様、ガッチャマンの制作者様…
・『へ』の字。
・大人の遊び場
・“人生の岐路”
・元気なおっさん
・うれしいお便り
・おそろしい…
・アクセス解析に表れないこと。
・おじさんも強くなりたいのだ!
・偉大なるオヤジ
・「キレイなデザインですね」って言われちゃった(照笑)
・妄想の季節
・右から来たものは左に受け流す?
・桜のトンネル
・「読み逃げ」OK!
・リニューアルして1週間…
・オヤジも新語を作ろうぜ!
・笑いは『知』か『恥』か
・カレー丼セット
・私はダジャレが嫌いだ。
・働かないおじさんの熱中サイト?
・前の会社の社長の話
・私は逃避する
・懐かしいプロレス実況風に…
・函館の寒い夜
・古い仲間
・もう、あの笑顔は見られそうにないですね。
・エイプリル・フール
・伝説巨神イデオンみたい
・私の“ホモ度”チェック
・ドーンとくるコピー。
・ウルトラマンの最終回を見損ねた…
・楽しいサイトづくり
・完全リニューアル!
・『懐かしのヒーロー』と『ノスタルジー』と『創造の怠慢』
・もっと働け!
・ずっと、ひとつのことを追い掛け続ける…ということ。
・「いつでもカッコいい」のは、ダメなのか?
・『でぇれー』広告
・インターネットラジオの可能性
・自分の価値はいくらか?
・天才が超えられない怪物
・こんな病院はイヤだ。
・『頭脳パン』と『金沢製粉』と『バカな私』
・狼は生きろ、豚は死ね!
・『バカ度』が足りない
・『不都合な真実』
・『女性のバスト』は『グリコのおまけ』である論。
・マーボー豆腐は飲み物です…か?
・『密室の逆ピラミッド』の謎
・『M-1グランプリ』と『チュートリアル』と『漫才へのこだわり』
OTHERS