V-oyage.net
2010年11月17日

初体験。

あまりに眼精疲労がキツイので、あっさり買いました。

「老眼鏡」

先だって長女の近視用の眼鏡は地元の眼鏡販売店で買ったので
比較するべく韓流スターのあの方が微笑む大手眼鏡販売店で
購入しました。

店内極めて明るく、歯切れ良い「いらっしゃいませ」。
客が商品選択中は店員から声がけはない・・・今風の接客スタイル。
フレームの品揃えは店の規模もあろうか地元店よりは少ない、この辺が
カテゴリーキラーとして業界からは若干疎んじられているのかなあ・・と思いつつ、眼鏡初心者として「ジジイタイプ」の無難なノンフレームを選択、店員に「初めてなんですけど・・」

当日は若干混雑し、視力検査まで20分くらい待たされるが、
検査担当者は我々と同世代くらいのベテランさんが
非常に手際よく、わかりやすく説明してくれる。

早速覗いた測定機械(気球が浮かんでいる画像)で僅か30秒後「はい、視力測定おわりました。右0.3 左0.5ですね。」「!!」
学校の視力検査以来20年以上ぶりの浦島太郎はビックリするばかり。

その後は別の機械で乱視やら、眼鏡の調整のための測定・・・
「両目だと0.7はありますので自動車免許は裸眼でも大丈夫ですね。」
「えっ、片目と両目視力で違うの・・・」「両目で頑張って見ておられます・・」う~~~ん、両目視力って、そんなことも知らんかったわ・・・。

いろいろインタビューされて、結局矯正視力1.2の遠中近のレンズ
になりました。

カラーレンズ10%を勧められたので言われるがままにオーダー、
その追加工費と制作に1週間ということで2万ちょい。

んで、オマケとしてマ○ドのコーヒータダ券と微笑みスターのポスターお土産にもらいました。

長女の眼鏡のほうはレンズの種類の選択から、追加費用が
加算される今までのやり方でした。但し、フレームの選択の幅
が広く、お気に入りのブランドが手に入りやすい、のがメリットになるようで、行きつけの散髪屋の旦那は「レイ○ンのフレームで5万以上でしたよ」と。なる程フレーム次第で雰囲気が変わるから・・・。

今のところ遠近レンズの感覚にすこし慣れません。

眼鏡の先輩たちは、どっちのショップを利用されています?

眼鏡初体験「しゃ、ちょう」でした。

人気ブログランキング
コメント (3)

メガネ生活25年…

町田先生に並んだか…

昔は三城で今スーパー。

架けたまま寝て
ぐにょん、とならないようにね。

来年あたり、遠近両用にしようかと思ってます。
今は、外出用と室内用を使い分けてますが、めっちゃ面倒くさいので。

私は、わりかし市場とかスーパー系が好きです。
眼鏡のフレームって、いろんなブランドひっくるめて、ほぼ全部、福井で作ってますし、TPOに合わせて眼鏡を着替えるオサレ男子でもなければ、同じのを掛けっぱなしという一般的な使用の仕方なので、オーソドックスなフレームがひとつあれば、そんなに選択肢は必要としてません。
なので、ブランドでフレームの価格が上がったり、レンズの質で価格を上げる旧来の商法は、ちょっとヤだなぁ…と思ってしまうクチです。

ちゅーか、今度会う時は、遠近両用の掛け心地などを聞かせてくだされ。

あの~、老眼鏡って100均で売ってるやつじゃあかんの?

コメントを投稿