V-oyage.net
2010年03月04日

三宮で、虫を食べました。

昨夜、ついに食べました。虫を。
それは意外と身近なところにあったのです。

先日、三宮の裏通りにある中国東北料理の店に
羊の串焼き目当てで入りました。
新鮮な肉と絶妙なスパイスのバランスが最高。
干し豆腐やら、○○のスープなど他では
味わえないものを中心に食べ、紹興酒も飲んで、
お腹パンパンになったところで、メニューの片隅に
「蚕蛹(マユの天ぷら)」の文字を発見。
夢にまで見た虫料理と期せずして出会えたのに、
その日は満腹で追加注文できる状態ではありませんでした。

そして、昨日満を持して再訪。
いきなりチャレンジする勇気はなかったので、
羊や豚などでウォーミングアップ。
メンツも6人揃ったところで、待望の蚕蛹です。
常連の先輩と行ったので、
お店が気をきかせて通常メニューの天ぷらではなく、
素揚げしたものを野菜と炒めて登場。
黒々とした外皮がテカテカと光っています。
大きさは小指の第2関節から先ぐらい。3~4cmほどでしょう
か。
おそるおそる口に運んでみると、サクサクとした歯ごたえ。
外側だけでなく、中身もサクサクです。
殻を取ったエビのような食感を予想していたのですが、
そんな歯応えはありません。
味も非常に淡泊です。殻はエビなどよりもソフトで食べやすく、
「あっさりしたエビの唐揚げ、でもちょっと火を通しすぎかな」といった感じ。
気が抜けるほど、「普通」の料理でした。
いくつでもいけますが、大きな感動はありません。

初体験って、そんなものかもしれませんね。

人気ブログランキング
コメント (1)

悪寒が…

コメントを投稿