V-oyage.net
2009年09月01日

変化?

総選挙は大方の予想どおりの結果に終わった。

気になるのは、選挙期間中のマスメディアの「幸福実現党」に対する扱いが不当とも思えるほどの軽さであったことではなく、選挙の争点などは有権者が自ら判断すれぼよいのに、連日報道で「政権選択が争点です」などと垂れ流しされていたことでもない。

開票結果が分かってからの各ニュース番組のキャスター、コメンテーター等がほとんど例外なく上機嫌に見えるのだ。新与党に「好意的」とも言えるコメント、論評の連発はいかがなものか。(マスメディアも有権者に勝るとも劣らず鬱屈していたのか)

建前上は「不偏不党」であるはずのマスメディアがそんなことでいいのか。(あまり良くないと思うけど。あるいはそんな建前を止めて、政党や団体を支持する、しないをはっきり言明するほうが良いのではないか。)

まあ、「政権交代」という民主国家では当たり前であるはずのことが、(ほぼ)初めてで、どう対応してよいかわからないのだと思うが。

こんなことが当たり前に起こりうる、ということに馴れるまでどれぐらいかかるのだろうか。

一つの流れができると前後を考えずにその流れに乗っかってしまう、この「性根」を変えたほうが良いように思う。

(それにしても、「インディーズ候補」(by 大川興業 大川総裁)が少なくなって、政見放送や選挙公約が面白くなくなったのは残念だ。羽柴秀吉氏はどうしたのであろうか。)

人気ブログランキング
コメント (3)

40代独身おやぢリーマンには
な~~~~~~んにもしてくれない
民主党政権。
また小遣い減る…(涙)

終わってしまったので、言ぅても詮無い事ですが…。
目先の景気や生活も大事ですが、もっと天下国家について政党の主張を訴えて頂きかったです。
(スポーツ平和党やUFO党って、もうないの?)

アントニオさんに昔1票入れました。
スポーツ平和!マンセ~!!

羽〇さん昔経営する旅館に火事出して・・・で、資金・・・・
やめとこ。

コメントを投稿