V-oyage.net
2009年05月21日

負けるな史上最強の1番打者

しゃ、ちょうでも社長ですので会社のことばかり考えます。
どんなに小さくとも経営者としての思想は僭越ながら大企業の社長っ様と
変わらない気概でありますっ!

経営学・人生学・・・・・日々勉強です。

しかし、最近会社の命運には努力・勤勉に及ばないものがあると実感します。
それは経営者(社員・・・会社全体)の「運」と「勝負勘」です。

そのことをつくづく考えさせられるのが
我が愛虎の「真弓」監督です。

かの“さんま”師匠が糸井重里さんとの対談で、若手芸人に
「競馬」(ギャンブル)を奨めるくだりがあり、彼曰く
「勝負の流れを読み、如何に負けを小さくするか、負けの流れのときは
 何してもダメ。」のような趣旨を語っていました。

私はそのとき「もった湯呑みをばったり落とし、小膝叩いてにっこり笑い」
ました。(by浜村淳先生)

最初から「運」はありませんでした。
(主力選手の怪我・老化・・・ハズレ外人選手)
だから今年のような年は難しいだろうなぁ・・・・と感じていました。
「運」が無いときは投手交代も上手く行かない・・・
ホントに気の毒なくらい・・・先発我慢すると7回で打たれ、
早めに中継ぎと投入すると打たれ・・・あ~ぁ(涙)

ギャンブルで「負け続ける人は、意固地に」なるそうです。
打順変えることを頑なに拒みながら、勝負どころを読み違え
代打を送ったりするところは
「勝負師」になりきれない新人監督の弱みなのかもしれません。

がんばれジョー!
ほんま、打てよアライさん。

人気ブログランキング
コメント (2)

次の外人も無理っぽいよ。
ウッズとかブラゼルじゃ。
阪神勝ってくれないと
冬のボーナスない…
(たぶん勝ってもないが)

昨年のオリックスみたいに、横浜がオバQで強くなったら、最下位になっちゃうよ!!

コメントを投稿