V-oyage.net
2009年03月13日

銀幕の彼方から -バチスタは知らねど-

 映画、観てきました。
「ジェネラル・ルージュの凱旋」。

 シリーズ前作「チーム・バチスタの栄光」は観てません。
TVドラマ化されたのは、最後の2話ほど観ましたか。
わりと面白かったです(最後の2話でか?)。

 「ジェネラル…」の主役は、堺雅人ですね。
竹内結子は、”透明感のある演技”というよりも”存在感のない演技”でした。
阿部寛、「チーム・バチスタの栄光」ほど必要ない役回りではなかった(かな?)。
さすがに、國村隼や野際陽子の方が断然の存在感でした。

 つまりは、”主演”をはってる2人がいなくても面白い、不思議な映画でした。

 羽田美智子は「RANPO」の主演女優に抜擢された時から、『ハナのない女優さんだなぁ』と思っていましたが、今回も”ハナ”はなく、そこが”イイ感じ”でした。

 映画館に行くのは面倒なので、滅多に映画は観ないのですが、ホントに面白かったです。

   担当/毎度、独断と偏見に満ちた評でm(_ _)m…堺雅人は、笑うと目が怖いです ARIO

人気ブログランキング
コメント (1)

ヤッターマンなら見たいかな

コメントを投稿