V-oyage.net
2009年02月15日

映画『感染列島』

映画『感染列島』を見て来た。
映画自体は、とてもつまらなかった。焦点が定まっていない感じ。
昨年から“新型インフルエンザ”の話題は、マスコミでも事欠かないが、この映画はなんじゃ?
社会的に強いメッセージがあるわけでもなく、特撮(今も特撮と言うのか?)に力を入れている割には、迫力不足だし、ドラマはたるいし、誰に向けているのか、何を楽しみに見ればいいのか、さっぱりわからない。
単なるメロドラマだったのかなぁ…。
ただ、最後に出てきたセリフはいいと思った。
「たとえ明日、地球が滅亡するとも、君はリンゴの木を植える」
…どんなに絶望的な状況であっても希望は捨てるな、ということだろう。
個人的に大いに気に入ったセリフである。
今は、世界的にとても深刻で、生きるのが苦しい時代だが、それでも希望は持ち続けるべきなのだ。こんな時代だからこそ、希望を持つべきなのだ。
でも、新型インフルエンザ(劇中では別のウィルスだったが)で、日本中で被害が増大しているというときに、「明日地球が滅亡するとも」っていう状況で例えるのはいかがなものか。
やっぱりこの映画は、ダメダメだ。

人気ブログランキング
コメント (2)

映画ではありませんが「天地人」のおかげで、ウチの次女(小5)が妻夫木聡のファンになりました。
映画のCMにもうっとりしています。
男前はなにやっても得やわな。

「さとし~~ぃ!!」いうてまつ。

(´・ω・`)知らんがな

コメントを投稿