V-oyage.net
2008年09月16日

TVの国から -銀幕で甦る-

 諸般の事情により、この連休に、映画「超ウルトラ8兄弟」を観に行きました。
上映40分前の映画館、まだ開場していない入り口前に長蛇の列!(-_-;。
 だいたい就学前の幼児を連れた親子連れが多いようでした。

 えっ、昔のウルトラマンなんか分かるのか、こんなガキンチョに?
最近の「ウルトラマン メビウス」も出演ているので大丈夫なのでしょうか。

 映画を観るのに映画館に行くというのは、正直、面倒くさいです。
家のTVでDVD観た方が、画面は小さいけど、好きな時に飲み物を調達できるし、トイレにも行ける。
 しかし、今回は映画館で観る事になってしましました、諸般の事情により。

 でも、いざ映画が始まると、なかなかに面白かったです。
ナレーションは石坂浩二だし、ハヤタ隊員や諸星ダンのように昔のウルトラマン役の人だけじゃなく、相手役のヒロインも出てました。
(年齢とともに容姿の変貌はあるのは仕方ないけど、アンヌ隊員は分からない!榊原るみは、比較的大丈夫。南夕子は、月に帰ったんとちゃうんかい!)

 いやー懐かしい、懐かしい。
(郷秀樹さんの自動車工場に、故 岸田森氏の写真まで!細かい!)

 あまりの懐かしさに油断して、涙腺が緩みかけました(オヤジですぅ TT)。
いかん、いかん。ウルトラマンの映画で泣くなんて。
と思ったら、隣の男性(暗くてよく分からないけど、服装から私より少し年下くらい?)が眼鏡とって、涙拭いてました。

 皆さんもよかったら、ご覧下さい。

   担当/「帰ってきたウルトラマン」は、いつから”ジャック”と呼ばれるようになったの?ARIO
   →まぁ、固有名詞として、「帰ってきたウルトラマン」、「帰えマン」はおかしいけどね。

人気ブログランキング
コメント (3)

みなさんアラウンド還暦だそうで。
榊原るみ死んだやろ!と
友人たーさんが突っ込んでました。

ウルトラマン社会も、いろいろ変動が激しいようで、
この40年の間にさまざまなことが変わっていますね。
我々の小さい頃は、返って来たウルトラマンは、
確か“新マン”と呼ばれていたと記憶しています。

「帰えマン」でも「新マン」でも関東暮らしをしていた私には若干反応する響きです。

コメントを投稿