V-oyage.net
2008年08月12日

仰臥SE録 -上には上が-

入院治療の続き。
神経造影の検査結果に基づき、神経に障害がある箇所にブロック注射をうちます。

レントゲンの下で、うつ伏せにされておりますと、今回も研修医くん達。(今回は、痛くないように頼むよ)と心中で祈っておりました。

「ちょっと、チクっとしますよ」
と言われて腰に針が。
"ちょっと"じゃないじゃん(T_T)
しかし、この痛みはほんの序章に過ぎなかった。
「いつも痛みがでる箇所と、同じだったら言って下さい」
と言われるか、言われないかのうちに、左足に激痛!(☆o☆)まるで強い電気を流されたよう。針で神経を刺激しながら、注射の場所を探っているのでしょう。
いつも痛む箇所ったって、こんなに痛いとよく分かんないし、早く終わってほしいから、適当なとこで、寝台叩きながら
「そ、そこです」
と呻いてました。ヽ(゜▽、゜)ノ

その後、麻酔薬を注射され左足全体が数時間痺れておりました。

神経造影の検査も痛かったけれど、今回の神経根ブロック注射の比ではない(-o-;)。

しかも、翌日には元の痛みが出てきている。あんな痛い思いをして、効果薄とは(|||_|||)。

  担当/ヒトによって効き目はまちまちですからby担当医 って冗談じゃない(#`ε´#)ARIO

人気ブログランキング
コメント (1)

おつとめご苦労さまです。
快癒祈念しております。

コメントを投稿