V-oyage.net
2008年07月16日

仰臥SE録 -安静がイチバン-

 最近使ってます「仰臥SE録」というお題は、正岡子規の病床記、「仰臥漫録」から頂き(パクり)ました。
しかし、こちらの方は死病ではないので少々大げさです。
 でもSE工哀歌でもないので、今お付き合いしている、「脊椎カリエス」じゃなくて「椎間板ヘルニア」が何とかなるまで、こちらのタイトルでご機嫌伺おうと思います。

 6月から2度ほど書いてますが、痛みがでたのは4月の初旬、2,3人の整形外科医は皆、筋肉痛と診断して消炎剤(痛み止め)を処方してくれてました。
でも全然回復しない(まぁ当然)。お医者様、この2ヶ月間、有難うございましたm(_ _)m。とっても痛ぉございました。

 5月の終わりにやっと、MRI撮影で椎間板ヘルニアと診断され、6月の中旬から1ヶ月の間に、硬膜外ブロック注射というのを3回ほど受けました。
 この硬膜外ブロック注射がなかなか痛いんです。

 エビのように体を曲げて、背中の下に打つんです。
まずは、この姿勢になるのが痛い。だって足が曲がらないんだもん。

 次に局所麻酔の注射が痛い。
2,3箇所にしてるんじゃないか?背中だから見えないけど。

 で、本番のブロック注射が痛い。
背中の下部からお尻、太ももにかけてジワッというか、グワッと圧迫感のある痛みが広がって、徐々に下半身が痺れてきます。
 まぁ、ブロック注射というのは神経付近に打つ痛み止めの麻酔なんだから痺れて当然なんでしょうが。

 この先、こうした注射を打ち続けるのか、手術してヘルニア取っちゃうのか、お医者様のお診たてでは、まずは安静がイチバンという事だそうです。
現在、上司と相談して休暇を取るべく調整をしています。

         担当/ゆっくり休ませてチョーダイなARIO

人気ブログランキング
コメント (1)

私は腰と脊椎の間の軟骨がムリッ、と飛び出した状態で
10数年生活していて
年に1、2回「あ゛ー!!!」となります。
本当はビシッと治した方がいいんですが。
といっても激しく腰を動かす事は
たぶん無いですが。

コメントを投稿