V-oyage.net
2008年07月06日

いよいよ始まった

ダメです。鬱です。
3ヶ月に一度の季節のお仕事が始まってしまいました。
例の“得意先に嫌われてしまった”仕事です。
得意先から嫌われているのに、まだ続けなければならないのは、
僕はその仕事のために雇われているからです。
仕事はページボリュームが多いため、ハードです。
精神的にもキツいです。

そんな仕事の間でも、何か趣味やら楽しみがあれば
気分転換もできるのでしょうが、
人生の楽しみを見つけるのがヘタクソな僕は、
悪い方にばかり気持ちが向かってしまいます。
しかも、我慢することが苦手で、
何事もすぐに投げ出してしまいたくなる質なので、
本当に考え方がヤバくなるのです。

そして、こんなときほど集中力も、注意力も散漫になり、
小さなミスが増えます。
それを誤魔化すために、あっちにも、こっちにも、そして自分自身にも、
小さな嘘を吐くことが多くなります。もう悪魔のサイクルです。
つい先ほどは、灰皿をひっくり返してしまいました。

そしてその灰皿に乗っけておいた、火の点いたタバコが畳を焦がし、
ちょっと暑いなぁと思ったら、部屋が燃え盛っていて、
これはヤバいとマンションの共用廊下にある消火器を取りに行こうと思ったら、
草履の鼻緒が切れ、それを必死に直していたら消火活動が遅れてしまい、
マンションの住人たちが喚きながら逃げ始め、
やがて30台の消防車が駆けつけ、
僕は警察官に連行されて事情聴取を受け、
マンションの住人から多額の賠償金を請求され…

…という妄想を続けていたら
「明日、会社に行かなくて良くなるなぁ…」と考えてしまいました。
そういう自分自身が大嫌いです。

人気ブログランキング
コメント (1)

過失の場合は賠償は免責になるはず。
でも、「あー会社に行かなくてよくなるー」という、その手の願望は私にもよくあります。
モスラが東京タワー折っちゃてさー、ゴジラが国会議事堂踏んづけちゃうんだよねー。

コメントを投稿