V-oyage.net
2008年06月03日

SE工哀歌 -スプートニク-

 先日、日本人宇宙飛行士の星出さんがスペースシャトル「ディスカバリー」で国際宇宙ステーションまで行っちゃったそうです。
エラいことです。
人類が宇宙にステーション作ってしまうんです。

 今から約50年前、ロシアで打ち上げられたロケット(スプートニク2号)のクルーは、巻き毛の雌犬だったそうです。
 何も知らず、10日間の酸素と食料とともに宇宙に旅立って行ったんですね。

 このワンちゃんは、打ち上げられた段階で、重力でヤラれちゃったかもしれないし、宇宙の景色(?)を窓から眺めながら、10日後に餓死か、窒息死しちゃったかもしれません。
どちらにしてもゾッとする。
 50年前、ロシアに犬として生まれなかった事を神に感謝します。

 でも、ヒトだって生まれてからずっと人生突き進んでます。
自分の人生に積み残された食料と酸素が、あと何年分なのか、何処に向かっているのか?
こればかりは分かりません。本人の希望、願望はありますが…。
 ただ突き進んでいくだけ。

 せめてこんな人生だから、誰かとともに歩みたい(終ってしまう時は独りですが)。
「スプートニク」って「旅の道連れ」という意味だそうです。
巻き毛のワンちゃんも道連れが欲しかったでしょうね。

    担当/ゴメンなさい、私、犬は苦手なので道連れにはなれませんARIO

人気ブログランキング
コメント (1)

最近ちょっとおセンチなARIOさん。
あっ、そうそうこの前少しみました、よいのさんの映画。
ARIOさんのヤクザ期待して最後まで観ます。

コメントを投稿