V-oyage.net
2007年12月25日

M-1グランプリ

毎年、クリスマス前後の日曜日の恒例になったM-1グランプリ。

今年も、大笑いに笑って過ごした2時間半でした。



本命なき戦いとも言われていた今年のM-1グランプリ2007でしたが、

優勝をかっさらったのは、敗者復活から決勝に上がってきた“サンドウィッチマン”。

まさに“本命なき戦い”というのを象徴していましたね。



僕は、お笑い番組は好きで、割と見ている方だと自分で思うのですが、

この“サンドウィッチマン”については、まったく知りませんでした。

慌てて調べてみましたが『エンタの神様』とかに、ときどき出てるみたいですね。

なんかえらく小さな事務所のようですが(有限会社フラットファイブ)、

そんなコンビが、並みいる強豪をごぼう抜きして優勝したことは、

清々しいというか、「ざまぁみろ」的な気持ちよさを感じます。



ですが、今回、決勝のファイナルに残った3組では、

トータルテンボス、キングコング、サンドウィッチマンのうち、

どこが優勝しても問題ないほど、実力は拮抗していたと思います。

東京吉本らしい“渋谷系”漫才のトータルテンボスも、

梶原の運動能力を生かした動きの激しいキングコングも、

東京のストリップ小屋出身を感じさせるサンドウィッチマンも、

それぞれの個性を十分発揮していて、たいへん面白かった。

が、去年までのチャンピオンたちに比べると、どの組も、

「なにか少しだけ、物足りない」という感じがしました。

なんというか…うまく言葉にできないけれど、

もっと『知』の部分を刺激してほしかったといえばわかりやすいだろうか。

全般的に、わかりやす過ぎた気がしましたね、今回のM-1は。

かといって、ポイズン・ガールバンドまで行ってしまうと、

シュール過ぎて、わかりにくい。わかりにくいと爆笑を取りにくい。

この辺のさじ加減が、非常に微妙だと思います。



ま、偉そうなこと言ってますが、どの組も面白かったのは事実。

来年も、また笑わせてもらいたいと思います。

人気ブログランキング
コメント (2)

でも、そんなの関係ねぇ!

ゲッツ!!

♪ルネッサ〜ンス

職場の一部で

髭男爵がプチブレーク中です。

「うちには借金があるんだ」

「事情が変わった。おじさんが何とかしよう

いくら必要なんだ?」

「12万」

「♪頑張れや〜」

が私のツボです。

コメントを投稿