V-oyage.net
2007年09月26日

とーとつですが

甲斐祐子です。



実家(←大分)からカボスが届きました。

一人暮らしの我が家には、今、カボスが36個あります。あ、1個使ったから35個だ。

むこう一週間、私と会った時には、黙ってカボスを受け取りましょう。





さて、実家からの小包。

最近は、足腰の悪い母に代わり兄嫁があれやこれやと揃えて荷造りするせいか、以前に比べてすっきりとわかりやすい内容で届きます。



ドコドコに行ったから〜、

アレコレを貰ったから〜、

ナニナニの季節だから〜、



が、我が母君の小包パターン。

どこのお袋さんも同じことかと思いますが、母の小包は緩衝材として、スポンジやら干し椎茸やらお茶漬けの素やらが詰め込まれています。

ふきんやタオルは当たり前。

カボス石鹸(香料入り)7個がバラで入っていたことも。…私、母譲りの敏感肌なので香料入りは使えません。泣

折り紙100枚組5セットが入っていた時はかなり悩みました。…千羽鶴半分手伝えってことか?笑



小包を作るきっかけとしては相変わらずなんですが、以前ほど身軽に動けない母に代わり詰めて荷造って送るのは兄嫁の仕事になっているようです。

小包の中の母の手紙に

「アレとコレは〇〇さん(←義姉)が買ってくれました」

と書かれてある。

つまりメインは母が用意?したものでも、その周りに入れられているものは義姉が用意しているから、ちゃんと「礼」を言っとけ、もしくは、しろ、ってことです。





うちは、恐らく、嫁姑も、嫁小姑も、そんなに仲悪くない、はず。

…良くもないけど。爆





いや、あのですね。汗

つまりは、



〜育ってきた環境が違うから〜♪



なんですよ。





私(及び母、兄)は

「仲悪くない」=それでいーじゃんw



なんですが…義姉はどーやら

「良くもない」=問題あり。



のようです。



難しいですね〜人間関係って。苦笑

漬け物とピーナッツ煎餅のお礼に、牛蒡煎餅とチョコレートを詰め合わせた私です。







〜って、あぁぁ〜。

母上の手紙から、ちょいと昔の乙女エピソードを思い出し、今度こそ「乙女日記だぁ〜っ」と思って書き始めたのに…なんだか違うことを書き連ねてるぞ…う、うん、長くなってきたので、乙女エピソードはまた後日。



でも。

とりあえず。



オヤジじゃないもんっ。w

人気ブログランキング
コメント (2)

私は、就職してすぐ、配属された工場近くに一人で暮らし始めました。

実家から電車で1時間ほどのところだったので、父親が夜釣りの帰りに昼寝に寄ったり、留守の間に母親が孫を連れて遊びに来ていたり、両親の別荘と化してました。

そ・・・それはそれで、新たな親子関係展開・・・なのでは?笑

コメントを投稿