V-oyage.net
2007年09月30日

リニューアル、する?

今日は、このサイトの参加メンバーであるARIOさんとkakkaさんに会ってきた。



12月に同じくこのサイトの参加メンバーである俳優・吉塚弘の

『cafe友の会』とのコラボレーション・イベントについて、

彼らに協力してもらうための打ち合わせだったのだが、

そこで、先日、僕がここで書いたリニューアルに関する話も出た。



そのとき、kakkaさんが、誰かのホームページを見るとき、

「スクロールするのが、面倒くさい」ってホンマか?

と、問いかけてきた。

彼は、自分が覗いたホームページは、ざっとであっても必ずスクロールするので、

面倒くさいというようなことはない…と、思っていたそうだ。



僕が、以前にここで書いた「スクロールは面倒くさい」、

人はほんの一瞬の判断で、そのホームページの価値を決めている…

というのは、いわゆるマーケティングによって導き出されたものだ。

事実、このサイトのアクセス解析を見てみると、“閲覧時間0秒”という人が、

圧倒的に多いのである。

うちのトップページのデザインは、けっこう問題が多いのだ。



で、話が実際にいつリニューアルするのかに及んだ。

「10月1日」と、人の話を混ぜっ返すのが大得意なARIOさんが言った。

それは、もちろん彼なりの冗談で、

僕も、あまりに時間がなさ過ぎるとツッコミを入れたが、

よく考えてみたら、明日で、「働くおじさんの“脱力系”息抜きサイト」として

リニューアルしてから、半年になることに気がついた。



う〜ん…

やるか?

やってみるか?



…という気持ちになっている。





--------------------------------------------------------------

最新の『Editor Said...』をお読みになりたい方は、V-oyageのトップページをご覧ください。

人気ブログランキング
2007年09月30日

スプリンターズS

始まります。秋のG?シリーズ。

最初は「スプリンターズS」です。

インフルエンザもあって、

外国馬もいない。

春の実績馬は始動が遅れたんですが、

さて、どうでしょう。



舞台の中山競馬場は内の先行馬が有利。

そして今、雨です。

3時40分にどうなっているかはわかりませんが。

持ち時計はそんなに気にしなくてよさそうです。

ちなみに、9番・アンバージャックは

柴田善騎手から木幡騎手に乗り替わっています。



なお、石原裕次郎っぽい名前のG?馬と

香港でダダこねた去年の2着馬は

「陣営に勝つ気がほとんどない」という噂を小耳に挟みました。

無欲のナントカはある?



◎スズカフェニックス (「相手が弱い」と毎日王冠から変更)

○コイウタ (中山得意、中団の前から。ただ惨敗もある)

▲サンアディユ (夏の疲れと川田の負傷気になるが)

△クーヴェルチュール (調子は最高)

×キングストレイル(枠は不利だが)

×アイルラヴァゲイン(3着の匂いが)

×プリサイスマシーン(ジジイだけど)



てなところです。

レベルの低い短距離路線ですから大荒れもありそう。

私の予想が外れても、苦情は受け付けません。

よいのでした。

人気ブログランキング
2007年09月29日

『マグマ大使』についての下衆な勘ぐり

僕たちが子供の頃の、懐かしの特撮ヒーロードラマに

『マグマ大使』がある。

ご存知、手塚治虫原作の巨大ヒーローものだ。

この作品は、マンガよりも特撮テレビの方が有名である。



敵の名前は“ゴア”。地球を征服に来た。



宇宙からの外敵と戦うために、火山の奥底の洞窟に住む、

科学者なんだか、仙人なんだか、志村けん演じるところの神様なのか、

さっぱりわからない謎の人物アースが、巨大なロケット人間を作った。

それが『マグマ大使』だ。

マグマ大使は、ロケット人間というだけあって、巨大ロケットに変身する。

その様は、合体こそしないが無茶苦茶なデフォルメといい

後の『ゲッターロボ』や『超電磁ロボ コン・バトラーV』に繋がると、僕は見ている。

そのマグマ大使には、『モル』という奥さんがいる。

モルは、マグマ大使のように巨大ではなく、普通の人間と変わらない大きさだ。



この物語の主人公は、マグマ大使ではなく、

後にアイドルグループ・フォーリーブスの一員となる

江木俊夫演じる『マモル少年』である。



あるとき、マモル少年が、マグマ大使が隠れている火山の奥底の秘密基地に迷い込む。

そこでアースがマモル少年を見込み、彼にマグマ大使を地上に呼ぶための笛を託す。

ここから、物語が本格的にスタートする。



このとき、マモル少年を見てモルが言う。

「なんて可愛いんでしょう。私たちにも、こんな子供が欲しいわ」というようなことを。

なんと、艶かしくも生々しいセリフなんだろう。

僕は、まだ年端もいかないガキであったが、

このシーンに妙に気恥ずかしさを覚えたものだ。

すると、マグマ大使でなく、長髪白髪の髭もじゃ爺さんアースが笑いながら言う。

「はははは。仕方がない。そんなに望むなら子供も作ってやろう」と。

すると、翌日には、子供のロケット人間ができている。

名前は『ガム』。けっこう子供たちには人気のあったキャラクターだ。



さて、物語の方に話を戻すと、ゴアが地球に送り込んだ怪獣が大暴れをし始めると、

マモル少年が、アースから託された小さな笛を吹く。

「マグマ大使ぃ〜 ピコピコピィ〜 ピコピコピィ〜 ピコピコピィ〜♪」と。

すると、火山の奥深くからマグマ大使が飛んできて、怪獣をやっつけてくれるのだ。

その笛は、1回鳴らすとガムがやってきて、2回鳴らすとモルがやってくる。

そして、3回鳴らすとマグマ大使がやってくるという約束事になっている。



しかし、僕はその約束事に妙な違和感を感じていた。

怪獣がやってきて都会のビルを壊したりしてるんだから、緊急事態じゃん。

そんなら、マグマ大使を呼ぶための笛を鳴らす回数は、

1回だけの方が合理的なんじゃないの?

電話でもそう。警察を呼ぶときの110番や消防車や救急車を呼ぶ119番は、

ダイヤルする時間を短縮するための工夫だったわけでしょ?

なのに、マグマ大使を呼ぶのには、3回笛を吹かなければならないのだ。



僕は、毎週、マグマ大使を見ながら、やきもきとしていた。

マモル少年が、笛を3回吹く間に、怪獣からの被害や“人間もどき”の妨害によって、

途中で途切れてしまったらどうするんだ…と。

しかもマモル少年は、ガムやモルを呼ぶときにはすぐに笛を吹くのに、

マグマ大使を呼ぶときだけは、「マグマ大使ぃ〜」と叫んでから吹くのだ。

あ〜、その時間がもったいない。僕は、毎度、毎度、ハラハラさせられていた。



流石に、マモル少年を演じた江木俊夫は、フォーリーブスで、

『ニッチもサッチもどうにもブルドッグ ワォ!』なんて、

派手なアクションで歌っていただけあって相当の運動神経はあったようで、

僕が案じていたマグマ大使の召還失敗というようなヘマはやらなかったが、

それにしても、なんとも不合理な違和感を拭うことはできなかった。



ところで、マグマ大使は、ロケット型ロボではなく“ロケット人間”であって、

喜怒哀楽の感情もあったのだが、“生殖機能”はなかったのだろうか。

ガムは、本当にマグマ大使とモルの間の子供だったのだろうか。

身長40mぐらいあるマグマ大使と、人間の女性と同じ大きさのモルの間では、

生殖することは不可能であろうことは歴然だ。

アースは、なぜ、モルもガムも、人間と同じ大きさに作ったのだろう。

劇中、マモル少年の遊び相手としてガムはそれなりに活躍していたが、

モルは、ほとんどアースのいる火山の秘密基地にいるばかりだった。

ひょっとして、アースは自分の煩悩を払拭するためにモルを…。



オヤジになると、ついつい下衆な勘ぐりをしてしまう自分がイヤになる。





--------------------------------------------------------------

最新の『Editor Said...』をお読みになりたい方は、V-oyageのトップページをご覧ください。

人気ブログランキング
2007年09月29日

民営化に伴う混乱...か?



先日、振り込みをするため、最寄りの郵便局に立ち寄った。10月1日からの民営化を前にして、いろいろ準備をしているようであった。例えば、扉の自動ドアに書かれている営業時間等の表示。これまでと書体が違う感じがした。



そして、内部には「民営化直後は手続き等で通常より時間がかかるかもしれませんが、ご了承下さい」という主旨の掲示があった。そうでしょう、そうでしょう。三時前ということで利用者が少し多いようであったが、業務は通常通りおこなわれているようであった。



最近では公共の建物や利用者の多い施設については、日本語だけではなく英語、中国語、韓国語の4カ国語で表示されていることも多い。その郵便局では中国語、韓国語の表示はなかったが、英語の表示は逐語訳ではないが、してあった。



その郵便局には窓口が4つあり、1つが郵便物の引き受け、1つが切手等の販売、後の2つが保険、為替、貯金対応となっていた。窓口の数には多少の違いがあるだろうが、おそらくどこの郵便局もこの3種の窓口を持っているであろう。



見ていて気がついたが、どうもこれらの表示が安っぽい。よくよく見てみると、表示の部分が簡単にはがせるようにしているようである。銀行が合併して支店名が代わるときに、あるいは鉄道の運賃が変わるときに、変更後のものを先に作っておいて、その上に変更前のものを表示し、それをはがすことで変更をスムーズにするための、あれである。



だが、なんだかおかしい。もう一度よく見てみよう。郵便 Mail、切手Postage stamps、保険 貯金 為替Insurance, Savings account, Insurance, Money...と見ていって気がついた。





為替の英語表記がおかしい。Money ordeys...





すこし躊躇したが、あまりに気になったので、振り込みが済んだ後、窓口の係員に言ってみた。



「もしもし、ここの英語表記ordeys は y ではなくてr ですよ。」と。



「ああ、そうなんですね。また見ておきます。」まあ、営業が終わってから訂正してくださいね。





翌日、また振り込みをしなければならなかったので、再び訪れた。指摘した部分は訂正されているだろうか。



中に入った。おお、すばらしい。何と訂正されているではないか。急遽訂正された感いっぱいの表示であったが。やるじゃないか、郵政公社。このまま順調に民営化へまっしぐら!





と、思ったのも束の間、隣の同じ業務の窓口表記は変わっていなかった。





あのね、確かに私が指摘したのは1つだけだったけどね、隣にまったく同じ表記があるんだからね、もうちょっと気をつけて見れば良かったのにね。すぐに気がつくだろうけど...





皆さんの近くの郵便局はいかがであろうか。

人気ブログランキング
2007年09月28日

おムちゅエンジェルズ(2)

こよたん

Copyright (C) アトリエChie-brand





V-oyageのトップページに掲載していた【4コママンガ】を収録しました。

新作を見たい方は、V-oyageのトップページをご覧ください。

人気ブログランキング
参加メンバー
&カテゴリー
PROFILE
SEARCH THIS SITE.

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
・リニューアル、する?
・スプリンターズS
 └ よいの 10/01
・『マグマ大使』についての下衆な勘ぐり
・民営化に伴う混乱...か?
 └ usa car cheap insurance 02/14
 └ usa car cheap insurance 02/14
・おムちゅエンジェルズ(2)
・どうやら、三木聡っていう演出家が、すごいらしい。
 └ kaiyukan 09/28
 └ hiro 09/28
・TVの国から -私生活を売れるか?-
 └ しゃ、ちょう 09/28
 └ 俳優・吉塚弘 09/28
・懐かしい『スネークマンショー』を聞いてみる。
 └ ARIO 09/28
・とーとつですが
 └ ARIO 09/28
 └ kaiyukan 09/28
・シュールな笑い
・年上同級生・橋岡知洋に必死の弁解をする三浦真史
 └ よいの 09/26
 └ hiro 09/26
・キャサリンは美しい。
・これからも 日出る処 か
 └ よいの 09/26
・HPのデザインって、難しい。
・ケッ…
 └ ARIO 09/24
 └ よいの 09/25
・いとうせいこうって、何者なんだ?
 └ ARIO 09/25
・わかったこと
・ウルトラマンのベータカプセルの謎
・TVの国から -アニメの影響って-
・海外での体験
・中華料理
・どうでもいい日記
・SE工哀歌 -責任をとるという事-
・このネタは“ギリギリセーフ”と踏んだがどうか?
 └ よいの 09/20
・これで、いいのか?
・SE工哀歌 -出張してました-
・ピーウィー・ハーマン!
・新星
 └ hiro 09/17
・おムちゅエンジェルズ(1)
・4コママンガ/メタボン(2)
・漫才はじめました。
 └ 俳優・吉塚弘 09/19
・ばぁーぶぅー
・『仮面ライダー THE FIRST』
・“ちょいワル”セブンと、円谷プロ
・名刺に「しゃべります!」と書いてる女性の飲み会。
 └ kaiyukan 09/13
・スケルトンは「透けるとん」っていうのが語源ではないか。
・SE工哀歌 -職責を全うする事-
 └ Z-hiro 09/12
 └ よいの 09/13
・おやぢだもんっ!
・突然ですが
 └ ARIO 09/11
 └ kai 09/12
 └ 俳優・吉塚弘 09/12
 └ よいの 09/13
 └ kaiyukan 09/13
・「ナンセンス」って言葉は、死語になったか。
・新しいマンガの連載が始まりました。
・よかった
・幻のコーラを求めて(7)〜最終回〜
 └ マツ 09/09
 └ hiro 09/09
・幻のコーラを求めて(6)
・名人技
・終わりじゃ馬鹿!
・SE工哀歌 -サラリーマンの帰り道-
・幻のコーラを求めて(5)
・改造○○
 └ ARIO 09/06
・TVの国から -真夜中のアニメ-
 └ よいの 09/06
 └ ARIO 09/07
・夏休み
・ふと思い出した
 └ ARIO 09/03
 └ 地方競馬三沢 09/04
 └ 俳優・吉塚弘 09/05
OTHERS