V-oyage.net
2007年08月14日

お尻、お尻って、彼女に言わせるな。

秋山莉奈が、先日の8月8日に新曲のリリースをした。

曲のタイトルは『セーラー美少女☆なんてったってオシリーナ』だ。



秋山莉奈は、日曜日の朝、たまに早く起きて『仮面ライダー電王』を見たときに、

「この子、かわいいなぁ…」と思う程度にしか知らないけれど、

せっかく清純そうな美しいルックスをしているのに、もったいないにも程がある。



デビュー曲のタイトルが『莉奈はオシリーナだから?』なのだそうだが、

そういうタイトルをつけた時点で、この子はある一定以上の売れ方しかしない

ということを、自ら表明しているようなものだからだ。



これまで、お尻を出すことを売り物にデビューをして、

長く生きながらえたタレントは、飯島愛しか知らない。

その他のお色気タレントはみんな瞬間的に注目されたことはあっても、

あっという間に消えていく人がほとんどだ。

という前例を考えれば、いくらお尻がキレイだと評判だからといって、

それだけを最大のウリにしてしまえば、後は何をアピールするのか。



「言わぬが花」という言葉があるが、お尻がキレイというのは、

ファンの間で勝手に言わせておけばいいことであって、

自分から発信してしまうと、身も蓋もなくなって、魅力の底が見えてしまう。

寅さんふうに言えば「それを言っちゃぁ、おしまいよ」なのだ。



人というものは、「見て、見て!」と露骨に押し付けられると、

辟易してしまって、ふだんは見たいものでも見たくなくなってしまう。

とくに男が、女性のスカートの中身に強い興味を示してしまうのは、

本来は、見えそうで見えない部分だからなのである。

(だって見えたところで、別段、想像以上のことは何もないでしょ?)

にも関わらず、自分から「見て、見て!」とやってしまうことは、

タレントとしての彼女への興味を、消費者に換気すると同時に

魅力を半減させることと同じなのである。

それこそ「頭隠して尻隠さず」のことわざを地でいくようなものだ。

売り手側の下心が丸出しですよ。



せっかくキレイな女の子なんだから、もっと丁寧なアピールの仕方をすればいいのに…

どうでもいいことだけど、なんか「もったいない」と思った最近の話題でした。





--------------------------------------------------------------

最新の『Editor Said...』をお読みになりたい方は、V-oyageのトップページをご覧ください。

人気ブログランキング
コメント (2)

秋山莉奈=けつ



でDVDもグラビアも写真集も結構売ってるし

いいんじゃないの?

押尾に喰われた時点でまぁ、ね。

え? そうなん?

まだ、22歳とかやのに、かーいそーに…

ってゆーか、さすが目玉スポーツ!

これからも面白い情報をおねがいします。本文の方でw

コメントを投稿