V-oyage.net
2006年12月24日

『M-1グランプリ』と『チュートリアル』と『漫才へのこだわり』

『M-1グランプリ2006』が終わった。この番組は、毎年、お腹が痛くなるほど笑わせてもらえる。いやぁ〜今年も面白かった。

グランプリに輝いたのは、大阪・吉本興業所属の漫才コンビ『チュートリアル』。昨年は、残念ながら決勝戦で5位という順位だったが、今年はさらに、徳井のキモい妄想がパワーアップしてグランプリの栄誉を勝ち得た。昨年グランプリを取ったブラックマヨネーズとは同期で、徳井は「ブラックマヨネーズがいなければ、自分たちが一番」と言っていたが、見事それを証明してみせた。



チュートリアルの徳井は、吉本男前ランキングに3年連続一位に選ばれ殿堂入りしているイケメン。だが、彼の放つ“下ネタ”はかなりマニアックで、客を引かせることもしばしばある。相方の福田は…顔がテカっていることぐらいしか持ち味はないが、最近はなかなかツッコミが鋭くなった。

このコンビ(とくに徳井のボケ)は早くからセンスが光っていて若手の大喜利などでは大きな笑いを取っていたが、漫才のネタで爆発的に笑わせるまでには紆余曲折があったようだ。

昨年のM-1を見た時も思ったのだが、チュートリアルにしても、ブラックマヨネーズにしても、もっと若い頃にやっていた漫才とはスタイルが少し(でも確実に)変わっていて、最近になって“自分たちのスタイル”を見つけたのだろうと思われる。チュートリアルの場合は、福田が何気ない日常の話をしようと思ったら、徳井がどうでもいいような一部分に異様に食いついてきて、偏執的に話を膨らませていく…。ブラマヨは、吉田が取るになりないことで悩み、小杉がそれに解決策を出していくことで、どんどん話が訳の分からない方向に転がっていく…というスタイルである。どちらも、彼らのキャラクターを最大限に生かしたものだが、自分たちが人を笑わせるのに最適な表現はどういうものかを、とことん突き詰めていくことでようやく完成したものに違いない。彼らと同年代で、同じようなキャリアがありながら、笑わせる技術が足りない芸人・漫才師は多い。その差はやはり“漫才へのこだわり”のような気がするのだ。

『M-1』の大会委員長の島田紳介は、若い頃にはライバル視していた先輩たちのスタイルをノートにまとめて研究し、自分たちの目指すスタイルを発見したというし、ダウンタウンの松本は、それまで主流だったスピーディーなテンポの漫才をぶち壊し、スローなテンポで会話するスタイルを早くから確立した。やはり何か事を成す人は、自分たちのスタイルにこだわり、それを押し通す力を持つことで、いつか多くの人の注目を集めることができるようになることがわかっているのだ。



他の誰にもない独自のスタイルを確立するには、自分への自信とひとつのことに徹する執着心、回りを確実に見極める冷静な分析力が必要である。

漠然と、漫然と、ただなすがままに毎日を過ごすことが“自分のスタイル”ということではないのだなぁ…と、年に一度の漫才番組を見て、気を引き締めようと思うのであった。

人気ブログランキング